キケンなコンパウンド??…


JAZZ@CASTER 20011113日の記事

さて、前回の水研ぎのあとにはコンパウンドでバフバフするわけですが、GSS(Stewart-MacDonald’s Guitar Shop Supply )では専用のコンパウンドが売られてるわけですが、ココはピカピカにはこだわらないおいらにとってはもっと手軽に磨けないかと思って、東急ハンズいってきました。

いざ売り場に行くとコンパンドといってもいろいろあります。

どれをかっていいのかわからなくなって途方に暮れてると、ふとあることを思い出しました。
例のギターバックにいれておいたらあっという間に変質しまった事件です。

そう、ラッカー塗装というのはプラスチックや有機溶剤にとっても敏感なんですね〜

で各種コンパンウンドの成分を見るとほぼ全てに有機溶剤が入ってるのです….キケンだ〜(^^;


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です