JazzCasterのピックアップ実験用ピックガードを作ろう!


私のJazzMasterボディのピックアップザグリは3ハムなので、ある意味様々なピックアップを試すことができます。

ということで、実験用のピックガードを購入して見ました。
アマゾンで1500円ちょいで売っていたのでこれを利用します。

届いたのがこちら。

こちらが20年前に購入していたWormothのピックガード。

重ねてみます。

ネック付近の形状、ピックアップホールの位置については良い感じになっていると思います。

コントロール部はかなりズレていますね。

ネジ穴は全く違いますし、それどころか形状も異なります。
また、Jazzmasterはピックアップ部は大きな余裕がありますが、ボリュームとトーン部のザグリはポットのサイズほぼピッタリに作られているので、下手したらそれらも収まらないことになりそうです。
通常だったら受け入れられないレベルですがw今回は実験用なので大丈夫ですw

また、ブリッジも違うのこここも加工する必要がありそうですね。

ということで、この仮ピックガードを加工して、ハムバッカーとか付けて試してみることにします。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です