JazzCasterの実験用ピッグガードにギブソンコントロールとピックアップを付けてみた。


JazzCater実験用ピックガードの加工ですが、まずはオリジナルがブリッジ部まで伸びていますのでそれをカットすることにします。

今回は綺麗さよりも速度優先ですので、ドリルで穴あけして切断します。

作業中~

穴開けがズレてちょっとガタガタになりましたが、ヤスリで簡単に仕上げて終了です。

で、メルカリでエビフォンの335のピックアップ+コントローすのアッセンブリが2000円で出てたので購入しましたが、今回は実験用ですので2ボリューム2トーンをそのまま付けることにしました。

Jazzmasterボディは巨大なザグリが設けられていますので、このように有り得ないコントロール配置にしてもOKです。

エビフォンのピックアップはこちら

配線完了、、、、と行ってもエビフォンのピックアップはギブソンのコネクタを採用しているようで、更にJazzMasterはピックガードにアウトプットジャックを付けれますので正にポン付けですね。

完成した姿がこちら、、、、、JazzMasterのピックアップはギブソンのよりも大きいので、余ったピックガードで自家製エスカッションを作って、マスキングテーブで貼ってやっつけでマウントしてしまいました。(^^

変態ギターの完成ですね!
はっきり言って弾き難いです(^^





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です