BOSS TB-2W ToneBender クローンはWazato Craft TondemoBender TB/-2Wに命名!ケースも確保!


ToneBender TB-2Wが正式発売する前に何とか、TB-2Wなんちゃってクローンを作ることを急いでいますが、色々あってなかなか進捗していません。ですが今回まずは命名させていただきました。

Wazato Craft TondemoBender TB/-2W:ワザトクラフト トンデモベンダー TB/マイナス2(笑)

とさせていただきますm(_._)m

なのでTB-2Wに対抗する為にはBOSS謹製のエンクロージャーを採用することにしました。
問題はこの中に色々収まるかということですがw、まずは見切り発射です。

ラッキーなことに、というかこんなこともあろうかと思って、何年も前にBOSS DS-2 TurboDistortionのジャンク品が何とかOFFで売っていましたのでゲットしていました。

音が出ないということで1000円くらいのお値段でしたでしょうか?
外もそれほど酷使しているわけではなさそうだったので修理の練習にでもと思っていたのですが、今回投入ですw

ここから荒めの紙やすりで塗装を落として行ってみます。

サンディングベースに貼り付けられるペーパーでやります。

BOSSの純正塗装は意外と柔らかく、どんどん削ることが出来ました。

まぁそれなりに時間が掛かりますが、男の子ならw1時間から2時間くらいで綺麗に剥がすことが可能な筈です。

またサンダーとか電動工具使えば2秒で落とせそうです(^^

ペダル部のゴムはドライヤーで炙って剥がしたのですが、それでも接着剤が残ります。

まぁもう1度張るのでそれほど綺麗にする必要は無いのですが、やはり古い接着剤は均一性ということもあり剥がしたいことろ。

なので、こちらはスクレイパーで剥がして仕上げです。

で綺麗になったので、ゴム部接着のところはマスキングして、塗装に入ります。

次回は塗装編です。





コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です