刷毛でぬりぬり


JAZZ@CASTER 2000年4月19日の記事

写真は前にも書いたとおり、とあるショップのキットを購入したラッカー塗装キットですが、右側の缶がシーラーです。

シーラ−は刷毛塗りです。

説明書には、けっこうたっぷり刷毛につけてむらなんか気にしないでぬりましょう〜なんて書いてあったけど…

んで塗ってから、サンドペーパーで表面のシーラ−が薄く残る程度取り除きます。結果、導管の中にシーラ−がつまってる状態にするようです。
シーラ−を行わないとラッカーなんか揮発性分が多い塗料は何度塗ってもどんどん木に吸い込まれて行くみたいですね。

このシーラ−の固まったもの触ってみると固まったガムみたいでした。
ビニール系なんですかね〜

そういえば塗料売っているとこ見るといろんなシーラ−がありました。日本の塗装でつかったいるらしい、墨とか、木の粉なんかもありました〜>興味あるな〜


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です