重ね塗りさ


JAZZ@CASTER 2000419日の記事

で、1回コートしたら次の塗装が乗りやすいように軽くサンドを当てます。

この作業で使うペーパーは400番〜600番ってことらしいのですがペーパーを当てた後は白くなるのでせっかく塗った塗料…ちょっともったいない(^^;;

ここでちょっと注意しなくてはいけないのでサンドペーパーの番手…
私は3Mのフィレカットというやつを使ったのですが、日本の規格とUSの規格では番手の表現が違うようです。

でペーパー作業の後にスプレーです。
スプレー裏に、そしてある程度乾いてから表を行います。

ラッカーっていうのはとても乾くのが速いようで、裏を塗ってから30〜40分で表の作業にとりかかれます。
でも次ぎのサンディングは1日以上置かないと塗装が柔らかいままなのでダメみたいですね。

結果この、塗装→サンディングという作業をくり返すようですが、すこしづつ細かい目のサンドペーパーに


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です