葛西ブルーズの天才ゆうちゃんさんの発言に衝撃を受けたのでFuzzFace用バッファを作ることにした


葛西ブルーズドライバーの問題が判明したので次のステップだ

前回の記事で、二人組ギター系YouTuberの葛西ブルーズさんから調査を依頼された、TS-808 FuzzFace 2in1ペダルの調査結果を報告させて頂きました。

結局、2in1のうちのTS-808コピー回路はそのまま利用、FuzzFaceコピー回路は外して入れ替えるという方向性になりました。

天才ゆうちゃんさんの発言に衝撃

更に、葛西ブルーズさんの配信でハイエンドペダルってどうなの?という話題になりました。
で、ハイエンド=ブティック系のペダルは独特のセッティングが必要になるものが多いというお話になりました。

「せっかく高いお金払って買ったペダルなのに、ツマミどこでも使えないっておかしいよ。」

その時、葛西ブルーズゆうちゃんさんの発言に衝撃を受けました。

と発言されたのです。天才かっ?と思いました。

FuzzFaceって使いこなすの難し過ぎる

更に、FuzzFaceの使いこなしの話になりました。

通常のレトロなFuzzFace回路のペダルを使いこなすには以下のようなことを知っておく必要があるという話になりました。

  • Fuzzツマミはフルちょっと下げが定位置
    • フルだと潰れ過ぎる。
    • フルだとノイズが出るがそれが出るか出ないかの境目がスイートスポット。
    • Fuzzツマミを下げると逆に鈴鳴りしなくなる
  • ノイズが出るのが良いFuzzFace
    • Fuzzツマミフルでピシャ〜というノイズが出るのが正しいFuzzFace
  • Volツマミもほぼフルあたりで使うのが基本。
    • フルでもやっとバイパスより音量が大きくなるくらい。
    • Volツマミでも音色・歪みが変化する。
  • ギターはFender系シングルコイルが基本。
    • しかも直流抵抗がビンテージ系のPUでないといい音しない。
  • ギターとシールド直結が基本
    • バッファード回路のペダルをおくとバイパスでもおかしくなる。
    • 前段にチューナー置く場合はトゥルーバイパスが出来るものに限る。
    • ワイヤレスシステムとの相性悪い。
    • ワウを前段に繋ぐと動作がおかしくなるばかりか発信する場合もある。
  • ギター側のボリュームで音色をコントロールすることが必要。
    • ギターボリューム10と9の間で歪みと周波数特性が急変する。
    • ボリューム10だとブーミーになり過ぎるのでボリュームは8位が基本。
    • ボリューム下げると鈴鳴りになる。
    • ピッキングで音色をコントロールできる。
  • 小型アンプでは真価が発揮できない
    • フルチューブアンプでパワー管がサチュレートしはじめるくらいが最高の音になる。
    • 低域の倍音をちゃんと再生できる10インチのマルチか12インチスピーカーが望ましい

ここでも天才ゆうちゃんさんの発言に衝撃を受けました。

「これ、全部皆んな知ってるんですか?」 (^^

確かに最近はYoutubeなどでFuzzFaceの使い方説明動画も多く、上のような動きを知っている人は知っていると思いますがそれは私のような機材マニアのおっさんだけですねw
更にはあるFuzzビルダーさんのツイッターが楽器屋の店員さんですら使い方をいくら説明しても理解して頂け無い場合が多いので諦めているという発言もありました。
またFuzzツマミをフルにすると盛大にノイズが発生するものは不良品として返品される方もいらっしゃるようで、、、、

一方で、世界ナンバーワンのペダルメーカーBOSS謹製ペダルの場合は、ギター側のVolとTone全開で、ペダル側のツマミを全て真ん中が基本で、そこから大体どのツマミのセッティングしてもほぼ問題無い音が出ますしノイズも急変することもありません。

やっぱBOSS最高ですね!ゆうちゃんさんの言葉が目が覚めるような思いでした(^^

ゆうちゃんさんが新ギターMNG!>ハムバッカーだったし

で、このお話が進行中に葛西ブルーズゆうちゃんさんがMNGされた新ギターはこちら、、、

購入されたのは、JOE DUPLANTIER SIGNATURE PRO-MOD SAN DIMAS® STYLE 2 HH E MAHOGANY

イケベ楽器 イケシブ
¥138,600 (2023/01/09 14:51時点 | 楽天市場調べ)

このギターのPUは、ブリッジが Joe Duplantier Signature DiMarzio Fortitude、ネックがDiMarzio PAF 36th Anniversaryということで、いずれもディマジオのハムバッカーピックアップということになります。

もう、この時点でFuzzFaceとこのギター相性悪いかなーwという感じですね。

さらなる衝撃の事実!>ワイヤレスシステムだったし

で、これは結構後になって判明したのですが、葛西ブルーズゆうちゃんさんは何とLine6のワイヤレスシステムを使われているという衝撃の事実が判明しましたw

これで、FuzzFaceにはギター直結というお約束が出来ないという衝撃の事実が判明したのですorz

こちらはその証拠映像で、葛西ブルーズさんの配信中に私の発言をきっかけにして、ゆうちゃんさんが、白菜の漬物をLine6のワイヤレスアダプタにぶちまけた直後の画像。

天才ゆうちゃんさん様が納得するFuzzFace要件

ということで、これらの話の展開から、葛西ブルーズゆうちゃんさん用のFuzzFaceは以下の要件をクリアする必要が出てきました。

  • Fuzzツマミがどの位置でも使えること
  • FuzzのVlolumeツマミで音質変化が起こらないこと
  • 通常のFuzzFaceよりも音量が稼げること(ソロでブースターとしても使いたいらしい^^)
  • ギターのVolがどこでも安定して使えること(絞るとクリーンサウンドが出ること)
  • ハムバッカーのギターでも抜ける音が出ること
  • ストラトでもこれまで通り良い音すること(パートナーのなりちゃん様はストラト使い)
  • ワイヤレスシステムに繋いでもちゃんと動作すること
  • TS-808と同時使用でも使えて良い音がすること
  • (追加)ボードに組むのでACアダプタ対応の為のDCジャック必須

当初は、FuzzFace直してあげてTS-808と2in1にすればよいか〜くらいに考えていたのですが一気に敷居が上がってきましたねorz

葛西ブルーズドライバー用にCabaFace+CaBufferの制作を決定

ワイヤレスシステムを使われているということで、もうFuzzFace用のバッファを使うしか無くなりました。

また、前の記事でFuzzFace基板が使えなかったので、新たにFuzzFace基板としてのCabaFaceにそして、専用バッファのCaBufferを開発させていただくことにしました。

続く、、、、

葛西ブルーズお二人のTwitterアカウントはこちら。

葛西ブルーズYouTubeチャンネルはこちら。

JIM DUNLOP
¥22,000 (2023/01/30 17:24時点 | Amazon調べ)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です